高血圧治療薬ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジルタブレットは、ロニテン(高血圧治療薬)と同じ有効成分を含有したジェネリック医薬品です。ロゲインなど外用剤、内服薬、注射があります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、薄毛治療を目的として使用する人が増えています。

タブレットに含まれる有効成分「ミノキシジル」が頭皮の血行を促進します。食習慣及び生活習慣の乱れで、髪の栄養状態が悪いと考えられる男性に適しています。血行が改善することで毛細血管から毛乳頭へ栄養を行きわたらせることができるようになるため頭頂部や生え際(M字部分)の発毛が促進されます。そのためミノキシジルは女性でも服用することができます。またプロペシア、ザガーロとの併用治療も可能です。ミノキシジル配合の外用薬に比べ、内服型のミノキシジルタブレットの方が吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルタブレットの使用方法ミノキシジルタブレット
ミノキシジル錠剤の種類は2.5㎎錠、5㎎錠、10㎎錠があります。飲み方・服用方法は1日1~2回服用します。用量に関しては通常1日5㎎で服用する方が多いですが薄毛の程度や期間により調整をした場合がいい時もありますので治療開始時に医師と相談して服用量を決めるようにしてください。またミノキシジルの飲み忘れは期待される発毛効果が得られなくなります。服用する時間を決めて飲み忘れないようにしましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用
ミノキシジルタブレットに含まれている発毛成分は、本来薄毛や抜け毛を解消する「育毛剤」としてではなく、血圧を下げるための薬として開発されたものですが、服用していた患者さんの薄毛が劇的に解消されたことから、本来の目的とは違う目的で販売されるようになりました。
高血圧の治療をするためには血管を拡張して血圧を下げる必要がありますが、血圧の正常な人がミノキシジルタブレットを服用すると、心臓の働きに悪い影響を与えてしまう心配があります。心臓がドキドキ動悸がするようになった・ちょっと歩いただけなのに息切れがする、などの副作用を感じる人がいます。
動悸や息切れと同じようにミノキシジルタブレットを使用している人に聞いてみると、血圧が急に下がって立ちくらみがする・片頭痛のような強い痛みを感じることがある、と感じている人がいるようです。これもミノキシジルタブレットの本来の働きである血圧を下げる効果が原因になっているものです。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売